名取って必要なのか疑問

高橋竹山の流派の竹山流って、あんまり流行らなかったでしょうね。
金にこだわらなかったというのと、動画で話を聞いていると、金繰りではない人って感じがします。

勿論、わかりませんけど、やっぱり大手の流派というのは、名取代に凄く金がかかります。
ぶっちゃけ、名取って津軽には必要なのかといわれると、会派を作るなどの場合は、必要かもしれません。
それは三味線で食っていく場合です。
ただ、長年やっている楽器屋さんや、他の人から見ると、仕事として捉えなければ、名前は、本当に名前でしかないように思えます。
我妻さんが、津軽三味線に、名前をもっていないなどの理由は、どこまでいっても技術ではないでしょうか。
思うのですが、津軽民謡って、やっぱりメタル早弾きでは全くないものなのですよ。まあ当たり前なんですけど。
むしろ、生涯の趣味ってなんだか分かる気がします。

講師になる場合、名前はあった方が、分からない人から見たら凄そうに思えるかもしれませんが、結局実力ではないでしょうか。
そして、どこまでいっても民謡ですからね。
ポピュラーミュージックって、エレキでも、名取なんていらないでしょう。
うまければ、教えるのが得意ならいいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です